【保存方法に困ってしまう粉】そんな調味料のこれが頭脳解決法です!

 

この記事のポイント

・調味料の粉!どういった保存方法があるのか?

・どのような保存方法を知ると、商品の質や賞味期限が安定するのか?

・調味料保存、ケースバイケース。何を知っておくと得々感がさらに増すのか?

 

*本記事の内容

1:保存方法の重要性を把握することができます。

2:調味料の品質管理の多様性がわかります。

3:台所の調味料収納、困ったときはこれ!

*結果の根拠

生活の中で、食事の要となる調味料は、わたくしが特に気を使う食材です。

*読者の行動は?

食事作りの作業をし食卓へ運ぶ。そして、食べて味わう。

本記事

調味料は、保管場所の違いで早く劣化してしまうということが起きてしまいがちです。ここでは、商品が傷まない保存方法をご紹介していきます。

1 保存方法の重要性を把握することができます。

商品によっては、冷暗所で保存して方が良かれと思い込んでしまうことが、しばしばあります。

例えば、冷蔵庫に保存してしまうといったような場合です。これにはチーズが上げられます。チーズは、庫内で固まってしまいがちです。

ですから、チーズは1度冷蔵庫に冷凍してから出して数回振り、また冷凍といった具合にしておけば、パラパラにすることができ、調理しやすいでしょう。

それから、流し台など湿気の多い場所なんかを嫌がる調味料もあります。

それと常温保存する場合は、冷暗場所がおすすめです。特に冬場でも、コンロ前は温度差が生じるので避けるようにしましょう。

そこで、調味料をストックしておく容器などがありますが、商品によっては、乾燥材を入れるのも1つの手ですね。片栗粉、小麦粉は特に注意が必要です。

以上、粉物は高温多湿を避け保存することがベストといえるでしょう。

後、開封後の調味料の保管場所についてですが、冷蔵庫で粉ものを保管するというのは、特に梅雨時なんかお部屋が湿気てる季節などでは、冷蔵保存が大切です。

しかも、使う直前に物を出して使ったらすぐにしまう。といったことが注意点になります。

それに夏は暑いので、パッケージなんかに常温保存と記載されていても、米粉や片栗粉は野菜室で保管するといったことも併せて知っておくと良いでしょう。

心配な方は、容器の中に乾燥剤を入れておくのもいいかもしれません。

ちなみに、粉チーズもメーカーの推奨は常温保存だったりしますが、冷蔵保存のほうが長持ちするでしょう。

常温保存の場合

・塩

・砂糖

・だしの素

・鶏がら粉末

冷蔵保存の場合

・一味

・粉チーズ

・片栗粉

・米粉

などとなります。

しかし、一概にこの保存方法(パッケージに記載されているような)が言いとも限りません。前にも述べましたが、そのことをよく踏まえたうえで保管収納するのがおすすめです。

2 調味料の品質管理の多様性がわかります。

先も述べましたように、チーズは冷蔵庫保存してしまうと固まってしまいます。そしてチーズは、冷蔵庫から出したときの温度差で、結露が発生し、カビが生じたりもします。

砂糖やグラニュー糖なども、高温多湿な場所では固まってしまいます。 

そして、粉の王者小麦粉や片栗粉などは、やはり高温多湿な場所ですと、ダニなどの害虫が沸いてしまいます。

それと、賞味期限の切れた粉チーズやだしの素や小麦粉など、粉末状のものは、かびたり、固まったり、そして虫が沸いたりと商品価値はドーンと落ちてしまいます。

【広告】

【広告】

ですから、調味料自体の風味や味わいを生かしたいなら、その食品そのものの<体質>というものをよく認知しておくことが大切でしょう。

食塩や砂糖などの場合ですと、しょっぱいだとか、甘い味覚がします。

しかし、その商品の賞味期限が切れたり、虫が沸いたりすると、固まってしまったり、それを口にすることによりおなかを壊してしまうことにもなりかねません。

ですから、そうした上で冷暗所などへ保管するなどの対処法を考えるといった形をとるのが良いのではないかと考えられます。

整理整頓できる粉もの収納器はないの?

そこで、ここでは、特にニトリの整理収納に使用できるキャニスターをご紹介します。

それでは、まず、ワンプッシュキャニスターの性能ですが、その名の通りワンプッシュで閉開できて密閉性があります。

パッキンも簡単に外せ、水の浸透を防ぎます。容器のサイズもいろんな大きさがあり、350~4000mlと、幅広いです。

その中で、1100mlのキャニスターには、小麦粉など、500gの収納がしやすく、持ち手がついていない分整理もしやしやすく、手のひらサイズのものなら、容器内にはいるぐらいの大きさです。

小麦粉なら1kgで購入する人は、1700ml以上のものにすると安心かな?と思われます。それから、500mlでは、225g分の片栗粉ならば、ギリギリすべて入れることが可能です。

ちなみに、容器によっては、容量によって、幅、奥行きが違ってくるので、綺麗に揃えたい場合などはサイズ選びにも注意をしましょう。

また、500mlの容器は、口の部分が狭く、手のひら片手分も入らないので、奥まで洗うにはボトルブラシが必要となるでしょう。

それと、350mlですが、大きさは奥行きとも500mlと一緒で、高さだけが違います。

【広告】

容量ですが、粉末状のものなら170gくらいは入ります。

例えば、鶏がらスープは200g入りですが、残り30g分は入らないようです。米粉も220g容量で同じようなことが言えます。

ですから、密閉したほうが良い粉物、あるいは、料理中に使いやすい調味料は、詰め替え用としてストックするのも良いでしょう。

また、特に6月~7月、10月~11月は、雨がよく降るので、心配な方は密閉された容器の中に乾燥材を入れておくのも良いでしょう。

このように、冷蔵庫保存以外の高温多湿な場所などでは、虫が沸いたり、痛ましてしまったりと、特に注意が必要です。

ですから、キャニスターなどのように容器を使用することによって、それらのようなことを除外できるのではないかと思われる今日です。

3 台所の調味料収納、困ったときはコレ!

塩、コショウ、カレー粉などは、詰め替え容器に詰め替え、冷暗所に収納すると良いでしょう。その際、賞味期限も一緒にフタの上部にラベリングするのもいいかもしれませんね。

それと、粉振りボトルという物もあり、こちらは一回の分量が分けて出てくるといったタイプで、使い勝手の良いものになっています。

DAISOには、スパイスボトルといったアイテムもあり、便利です。

なかには、MeasuringBottleやPowderBottleという容器もあり、ご家庭のニーズに合った調味料入れを購入してみてはいかがでしょうか。

【広告】

100均のお箸立て商品一覧。フタ付き箸入れボックスも【ダイソーとセリアで100円】

【広告】

100円ショップの【ゴマすり器(ごまミル)】使ってみた。ダイソー|ゴマいろ

これらには、パッキンはついていないので、台所の横の開閉スペースに入るので、これも便利な品といえます。

それと後、「ワンプッシュで開閉できる保存容器500ml」なるものもあり、その名の通り、ワンプッシュでパカッとフタが開きます。こちらには、パッキンもちゃんとついています。

ボトルといえば、洗い勝手がうまくいくか行かないかという点にも気が行きますよね。

こちらは、フタはもちろん、パッキンも外せ、おまけにボトル専用スポンジも必要なく、楽チン!あとは、泡を洗い流し下を向けて乾かせばOK!といった感じで、実に簡単な作業です。

それから、Seriaでは、ふりかけ用ボトルが出ていて、1つ穴、3つ穴、5つ穴と開いていて、ふりかけ以外にも用途は様々です。

【広告】

それから、みなさんのご家庭では、キッチンの戸棚なんかに備え置きしている、あるいは、放置されている粉物はありませんか?特にコンソメや鶏がらスープといったものです。

そして、時々しか使わないものは容器に移し替えて、この際戸棚内を一掃してみませんか?というのも、これからのご飯作りの時に役立ちませんか?

ガス代わきの調味料入れにも入れポイしたりとか、かごのなかの調味料も詰め替えるなどして、この際スッキリさせましょう。

Seriaでは、粉末出しボトルや粉振りボトル、スパイスボトル、ワホールといった内容で、種々に合わせたボトル選びができます。

補足として、Seriaでは、調味料シールも購入することができます。

このようにボトルに詰め替えることによって、収納スペースに粉物を入れやすく、使いやすくすることができます。

                     《まとめ》

わたくしたちの暮らしの中で‘食べる‘という習慣は、古代から考えても1番古い習わしなのではないでしょうか。

その人の味覚なるものの味付けとは、今や家庭の味!がその人にとっての起源ともいえるでしょう。

その味付けのもととなる調味料は、その人の味覚、あるいは大げさに言うと人間味といったことに置き換えられることもできます。

またその調味料によって作られた味は、お子様に受け継がれ、代々から伝わる伝統の味!とも言い換えられます。

ですから、調味料の個々の味は、腐らせたり、湿気させないよう、味を保つという根本は、わたくしたちの役目といっても過言ではないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました